アルファードのマットの見積りとは

アルファードのマットの見積りとは

家族の人数や出かける頻度が増えたので、乗っていた古い車を買い換えたいという方が、新しい車を検討する際によく挙げる車がアルファードやヴォクシーです。ともにミニバンとして大人気で、トヨタ車の売れ筋として有名です。内装の美しさ以外にも広い車内も受けがいい秘密の1つです。スーパーやデパートで買った重たい荷物を運ぶぐらいなら新車で300万円以上するアルファードを選ぶ理由にはならないかもしれませんが、家族でピクニックに行くとかサイズの大きい機材を持ち運んだり、車いすや自転車といった大型機器を運搬するには非常に便利なサイズとなっています。またなんといってもエクステリアが凄く、正面からのフェイスと車体の迫力がアメ車並で、一般の人から車に詳しい通の方にまで幅広く受け入れられる理由となっています。


ミニバンの新車をディーラーへ見に行って試乗すると、必ずディーラーの担当者から見積りを取りましょうかと聞かれることになります。もちろん見積もりは無料で行ってくれますので、興味のある人ならその場でお願いすることになるでしょう。


アルファードのマットの見積りとは

オプションの有無によってアルファードの価格は大きく異なりますが、たいていはオプション込みの値段を提示してきます。そこで見積もりを確認するとフロアマットがオプションとして入っていることに気がつくはずです。もちろんマットを敷かないと車内が汚れるので必須品です。ただアルファードのフロアマットはの特注ですので高級感があります。車のマットは大きく分けてエントランスの部分やフロア部分、トランク部分と場所ごとにパーツが分かれることになりますので、適正サイズが決まっています。エントランス部分のマットは人が車に足を踏み入れる時に最初に目にする場所なので、できれば綺麗でデザインの良いマットにしておきたいと誰もが思うでしょう。アルファードで特徴的なのはグレードごとにマットの形が変わってくることです。たとえば30系以降のアルファードになると助手席がスーパーロングスライドシートという特殊な動きをする形状仕様になっています。


こういった場合、スライドに合わせたマットを使用しないとズレやすくなってしまったり、擦れたりして劣化が速くなってしまうおそれもあります。また2列目と3列目はシートを頻繁に動かしやすい場所でありマットが合っていないとズレてしまい、その度に手で直したりすることになってしまいます。それほどにフロアマットは大切な要素なのです。運転席と助手席の間の足元の部分も微妙に山型に盛り上がっているので、この膨らみをカバーできる形状のマットでないといけません。


したがって、アルファード専用のマットでないとなかなかピッタリしたサイズを見つけるのは難しくなってきます。


アルファードのマットの見積りとは

またアルファードのフロアマットにはロゴが入っているのでブランドという感覚があります。やはり新車を購入するときには惜しまず純正フロアマットをオプション購入しておく方が後で後悔せずに済むでしょう。


アルファードのフロアマットを買うことを決めたら、まず行うべきはサンプル品をじっくり見ておくことです。注文した後に変更したり、追加注文したりするのは面倒になってきますから、あらかじめフロアに敷くマットのサンプルを見て新車の内装のイメージを頭に思い描いておくことが大切です。フロアマットのクオリティをチェックしたり車内フロアに敷き詰めた時のフィット具合を確認することも重要です。やはりフロアマット1つで乗った時の居心地や気分の状態が変わってくるので慎重に行動するに越したことはありません。せっかく新車を新しく買うならノリノリの気分になるようにインテリアも凝っておきたいところです。