オーダーフロアマットのデザインについて

オーダーフロアマットのデザインについて
オーダーフロアマットのデザインについて

車といえば男のロマンを象徴する持ち物であり、女性にとってもドライブに使える便利なものです。カッコいいデザインの車や、かわいい車に憧れる人もいるかもしれません。しかし、どんなに外観が良くても内装がイマイチであれば、乗車時の満足感は下がってしまうでしょう。車の内装に凝る人の中には、カーテンを取り付けたり、夜に光るブルーライトを備え付ける人もいます。しかし見落としがちな点があります。それはフロアマットです。フロアマットは足元に置くため、普段は目につかない場所にあります。しかし、運転席のフロアマットなどは車に乗る度に踏むものですし、視界に入ってくるため、自分の好みのものでないと使い心地も悪くなってしまいます。新車購入時に純正品のフロアマットを合わせてつけてもらうことは可能ですがコストがかさみます。そこで社外のオーダーフロアマットに注目が集まってきているのです。


オーダーフロアマットを購入する利点はいくつかあります。既製品のフロアマットとは違い、カスタマイズできる点がまず挙げられるでしょう。車種に合ったサイズのフロアマットは決まっており、少しでもサイズが合わないと、ズレが起きて事故の原因にもなりかねません。その点、オーダーフロアマットであれば、きちんと寸法を測定した上で、ピッタリサイズのものを注文することができます。


オーダーフロアマットのデザインについて

また最新のフロアマットになると、様々な特殊加工がされています。たとえば、防水加工がその一つです。水に濡れた運動靴を履いているときなどに、防水仕様ではないフロアマットにのってしまうと、その水がフロアマットに染みこんでしまいます。運が悪いとそこから臭いが発生するようになってしまうかもしれません。その点、防水加工を施してあるフロアマットであれば防水なので安心して濡れた靴で乗ることができます。さらに防炎加工がされているフロアマットまであります。たとえば、車内でタバコを吸うような時に、火のついたライターをうっかり床に落としてしまうことがあるかもしれません。ライターがフロアマットの上に落下してしまうと、そこから火が発生することもあります。しかし防炎加工がしっかりされていれば、車内でライターを使用しても大丈夫です。


また、フロアマットは目立たない黒やグレーのものを選ぶ人が多くなっています、オーダーフロアマットであれば自分の好きな色にしたり、フルカラーの写真をプリントすることもできます。自分でデザインした形のものを注文することも可能です。昔自分が旅行した先の風景の写真を送付して、その写真をフロアマットに印刷することもできます。特に女性はこういったフロアマットを希望することが多く、密かに流行しています。男性の場合は、むしろ写真よりもフロアマットにイケてるロゴや車名を印字することが多く、自分だけのオリジナルなオーダーフロアマットを作る方が多いです。カスタマイズは全て自由なため、自己表現のツールとしてオーダーフロアマットを利用できます。


オーダーフロアマットのデザインについて

実際にオーダーフロアマットを注文する方法は簡単です。一つの方法は、紙でフロアマットを形どったモノを、フロアマットの会社に郵送する方法です。フロアマットの会社はこの型をパソコンに取り込み、デザインのソフトで編集します。そしてデザインが完了したら最終的に加工して裁断などの作業を行います。この際、オプションなどでオーバーロック加工を依頼することもできます。これはフロアマットの縁の部分を強化することで、これによって縁のほつれ等を防止することができます。そこまで値段も高くないので、フロアマットを長持ちさせたいのであれば、オーバーロック加工をしておいた方が無難です。また抗菌や防臭加工などもやってもらえます。飲み物を車内でこぼしてしまったりするとフロアマットに臭いがついてしまうこともありますので、是非やっておきたいところです。


最終的にどのようなデザインでフロアマットを作成するかはオーナーの判断に委ねられています。家族でよく出かけるのであれば、自分だけでなく奥さんや子どもの好きな柄などをプリントした方が家族受けは良くなります。逆に1人しか車に乗らないのであれば、自分が好きな写真やデザインを選んでしまえば良いです。友人などを自分の車に乗せた時に、思わずおっと驚くような奇抜な写真をフロアマットに印刷するのも良い案です。