オーダーフロアマット素材について

オーダーフロアマット素材について

車のフロアマットを敷く事によって足元汚れを防いだり、車内を良い環境に整える事が可能であり、車のフロアマットには様々な素材の商品が存在し、純正商品だけではなくオーダーメイドで作ってもらう事も可能です。


国内販売中の車は各自動車メーカーがそれぞれの車の形状に合った純正のフロアマット販売を行っており、デザインや形状、素材等、好みに応じた純正以外の商品がネット通販やホームセンターで売っていますから、単純に汚れ防止目的だけではなく、車内の個性を引き出す演出としても有効と言えます。


社内の雰囲気を変えたり、汚れ防止目的だけではなく、フロアマットは車外から入ってくる音の遮断効果もあり、運転手の安全性も高めるものでもありますから、所持している車の形状に合ったものを選択する事が有効です。


純正商品の利点としてはサイズが完璧に合うという事が挙がりますが、インテリアやファッション面から見ても選択肢の幅が小さく、フロアマットの性能追及しつつ、外観や素材にも拘る場合はオーダーメイド受注するカーマット専門業者を活用すると、納得出来るマットを手に入れる事が可能です。


オーダーフロアマット素材について

オーダーの場合は車の床面の確認を行ってから行う必要がありますから、現物の車を見せてから作ってもらう事が望ましく、同じ種類の車だとしても駆動形式等によって床に違いが発生しますし、何よりもアクセルペダル周辺に直結しますから、安全面は第一に考えて適切なマットを作る必要があります。


ニーズに答えてオーダー受注を行っても、安全性を度外視する事は出来ないですから、安全性を確保出来る範疇での素材選択やデザインとなり、オーダー商品は様々な確認作業を必要とするものです。


近くにオーダーマット専門店が無い場合でも、原寸大型紙を用意して送付する事により、オリジナルのフロアマットが完成します。


素材選択に関してはゴムや塩化ビニール、織物や不織布等があり、撥水や防炎の加工が施されたものを使用する事になり、素材によって掃除や手入れの仕方が変わってきますから、普段の車の乗り方や掃除面も考慮した上でオーダーする事が望ましいです。


ゴム製等は水洗いがしやすく扱いも簡単な面があり、織物等は布団を干すような形で天日干しを定期的に行う必要もあり、フロアマットにはダニが大量発生する事もありますから、紫外線で倒して使う事も必要になります。


オーダーフロアマット素材について

ライフスタイルに応じて選択するマットには違いがあり、アウトドア派でウィンターやマリンスポーツ等を楽しむ場合、日常から買物や軽いドライブ程度、常に車を利用する方、それぞれのスタイルに応じて適したマットは違い、選択によってカーライフを充実させる事が可能です。


店舗でスタッフに車の床面をチェックしてもらって購入する場合は問題無いですし、現物のマット素材を確認すれば取り付けた時に想像と違ったという事は防げますが、最近ではインターネット経由でマット購入を決断する方も増えています。


ネット経由の場合はどうしても現物のものとは見え方に違いが発生し、特にパソコン等のモニター環境や設定によっては全く違った印象を受ける可能性が高いです。


素材や色味等の受け取り方の感覚は個人差が大きく、モニター越しから見た商品との違和感があるという例は非常に多いですが、多くの業者では商品が到着した後に、モニター越しから見たものと違っていたというクレームから、返品等には受けつけていない傾向にあります。


オーダーで作られたマットが指定したサイズと違っていたり、素材選択の間違い等に関しては対応可能ですが、パソコンモニターやスマホ画面等と現物の見え方の違いに関する部分には注意した上で注文する事が必要です。