カーマットに使用される素材の特徴とは

カーマットに使用される素材の特徴とは
カーマットに使用される素材の特徴とは

旅行に行く時でもドライブに出かけるときでも車は必需品となりますので、外側も内側も可能な限りキレイにしておくべきです。車の外側は、週末に洗剤をつけてこすり洗車することで、ピカピカにすることはできますが、内側は大変です。特にフロアマットに汚れやゴミがついてしまっている場合は、一枚ずつ取り出して洗わなければなりません。かといってフロアマットを敷かずに車に乗っていると、車の掃除がより大変になってしまいます。こういった面を考慮すると、やはりフロアマットを敷くのは必須作業と言わざるを得ません。


ただ純正品以外のカーマットを選ぶ際に決められないという人は、種類が多すぎるからです。カーマットの色や大きさだけでなく、素材や価格も違う製品が売られているので、どれが最適何かを判断するのは容易ではないのです。色に関してはおそらく、車のカラーとの相性を考えて、うまくマッチする色選びをするのが良いです。暖色系のオレンジなどの色の車であれば、赤や黄色などの派手なカーマットを敷いていても違和感はありません。明るい南国系の色が好きで、そういった色使いを見ると気分が良くなる人に向いています。その一方で、車の色がシルバーやブラックなのに、カーマットの色を赤や黄色にしてしまうと、かなり目につきます。人によっては少しアンバランスに感じる人がいるかもしれません。やはり暗めの色の車に乗っている場合は、ブルーや紺、グレーあたりのカーマットを用意するのが無難と言えます。


カーマットに使用される素材の特徴とは

サイズに関しては車種によってあらかじめ決まったサイズのカーマットが販売されているので、あまり選択の余地はありません。レクサスならレクサス専用のカーマットを選ぶか、オーダーメイドでカーマットを作ってもらうしかありません。どうしても純正品にこだわるのであれば、オークションなどで探してみるのも良いです。


素材に関しては、純正品を推奨している人もいますが、純正品はカーペット製のことが結構多いです。カーペット製は大衆受けが良いのですが、手入れがやや面倒です。掃除をしたり洗っておかないと、ダニが発生します。また水洗いした場合は、乾かす時間も必要となりますが、曇りの日や雨の日は乾かないこともあり、場合によってはカビが生えるおそれもあります。手入れの容易さだけに注目するのであれば、ゴム製がイチ押しです。ゴム製はカーペット製よりもはるかに価格が安く、洗うのも容易だからです。摩耗に対する耐久性も良く、破れる可能性も非常に低い頑丈な作りとなっています。当然、防水なので濡れたときも短時間で乾かすのが完了するメリットがあります。パッと見でゴム製だとわからないこともあり、ゴム製だからと侮っているとビックリします。


カーマットに使用される素材の特徴とは

またデザインに関しても、最近は縁取りにカラーをつけたゴム製カーマットも市販されており、車に合うものが見つかるようになってきています。


最近は薄型のゴムのフロアマットも増加しており、アクセスを踏み込んだ時の沈み込みも最小限に抑えることができます。安定した運転を実現するためにもゴム製は最適なのです。ただ滑ると危ないので、フロアマットの裏に滑り止めがついているタイプかどうかを確認しておいた方が良いです。


また少しマイナーながら流行っているのがアルミ製のヒールパッドです。ヒールパッドは、従来のフロアマットの上に載せて使用します。アルミ製ときくと足が滑ってしまわないか心配になりますが、アルミ製に何箇所か滑り止めのゴムがついているタイプも売られています。アルミ製の何よりも良い点は、見た目のかっこ良さでしょう。銀色に輝くアルミのヒールパッドを見て、高級感を感じるという男性も多くいます。またカーペットに汚れがつくのを抑える役割も果たしてくれるので利便性は抜群です。