スイフトのZC32SとZC72Sの違いとは

スイフトのZC32SとZC72Sの違いとは
スイフトのZC32SとZC72Sの違いとは

・スズキのスイフトについて


スズキのスイフトは、世界レベルのコンパクトカーを目指して開発されました。発売開始以来、日本や欧州、中国などでも注目され、様々な場所で活躍しています。この車は軽量化と高剛性が両立されたプラットフォーム的なコンセプトをもつ車種で、1.2L 直列4気筒エンジンや副変速機構付新CVTが採用され、それぞれの目的で快適な走りが実現できるように設計されています。


エクステリアデザインはシルエットはそのままで、取り回しのよさが実現されています。そして、マルチインフォメーションディスプレイが全車に標準装備されて、快適さのあるドライビングも実現されています。


・スイフトのZC32Sについて


ZC32S は3代目スイフトスポーツ車です。3代目では2代目であった、そうだったらいいのにという発想が具現化されており、最高のスイフトスポーツといわれています。軽量化が図られ、エンジン出力が125馬力から136馬力と、100回転アップされています。そして、変速ギアが5MTから6MTとなり、より高い出力でエンジンパワーを効率的に車輪に伝えられるようになっています。また、価格は据え置かれており、様々な各パーツの機能が効果的に統合されたスポーティな車種が ZC32Sです。ある程度、ドライビング経験を積まれて、よりアクティブにドライブを楽しみたい人向けの車がZC32Sといえます。


スイフトのZC32SとZC72Sの違いとは

・スイフトのZC72Sについて


ZC72Sスイフトは、女性にも結構人気のある5ドアハッジバックモデルの車種です。スズキの軽量型のエコを重視した1.2Lエンジンで、低燃費性が向上し、足回りやブレーキ周りについてもスポーツ走行を目的としたモデルとは一線を画し、長距離走行や、街乗りドライブが重視されています。送迎やお買い物を目的とした街乗りができるZC72Sです。ESP機能が全車搭載されており、車体姿勢制御機能が備わっている免許取りたての方向けの車種です。普段の生活の中で、より充実した生活を贈りたいといった人のために開発されたのがZC72Sといえます。


・スイフトのフロアマットについて


スポーティ車であるZC32Sや街乗り車でもあるZC72Sは、基本コンポーネントが共有されており、フロアマットも適合しています。この車の特徴である取り回しのよさのあるドライビングを実現させるため、この車のフロアマットは運転者の足元を快適にし、上質なドライビングの実現をサポートしてくれます。


スイフトのZC32SとZC72Sの違いとは

フロアマットでは、ドライビングを妨げない機能性を備えた密度の高いステッチによってマット端部が補強されていますので、耐久効果も高くなって、マットの形状保持効果もあります。また、擦れなどにも強い素材繊維が使用されていますので、高いグリップ性も発揮されて、ZC32Sなどのスポーツドライビング等をしっかりと支持してくれます。ズレ防止機能も備えられていますので、安全性をより高めることにつながっています。


さらに、抗菌・消臭加工が施されており、車室内を清潔にしてより快適な環境に保ってくれるという効果もあります。フロアマットにはヒールパッドも装備されていますので、長時間のドライビングでもマット自体がほつれたり痛んだりしにくくなるよう、耐摩耗性能もしっかりと備えられています。そのため、運転者の快適なドライビングをサポートすることができ、疲労を軽減してくれる効果もあります。


・まとめ


スズキのスイフトは、世界レベルのコンパクトカーを目指して開発されました。ZC32Sはスポーティ車、ZC72S街乗り車という特徴をもち、基本コンポーネントは共有されており、フロアマットも適合しています。そして、フロアマットは運転者の足元の快適性を高め、上質なドライビングの実現をサポートしてくれています。