トヨタ ノアの社外品フロアマットについて

トヨタ ノアの社外品フロアマットについて

トヨタのノアやヴォクシーのフロアマットには、大きく分けてトヨタ純正のフロアマット、そして社外品のノアやヴォクシーに対応したフロアマットの2種類のフロアマットがあります。


今回は、トヨタのノアやヴォクシーの純正フロアマットよりも、大幅に安い価格帯でお求めいただける社外品のフロアマットについてご紹介をさせていただきます。


 


■人気ナンバースリー、「C2000」


 


トヨタのノアに対応した社外品のフロアマットの中でも、人気第3位を誇るのが、アルディジャーノの社外品のフロアマット「C2000」です。


 


C2000の特徴としては、徹底して一貫した品質管理能力の高さにあります。


アルディジャーノではフロアマット作りの職人が、「出来る限り上質なフロアマットを作る」事を合言葉に、良質の社外品フロアマットの生産を行っています。


 


アルディジャーノのC2000では、他社のノア対応の社外品のフロアマットの上級クラスの厚みに匹敵するフロアマットの厚さ15mm、1㎡あたりの糸重量は1.3kg、毛足だけでも12mm前後という厚さを廉価版の社外品フロアマットのC2000で実現しています。


 


アルディジャーノのC2000のこの15mmという厚さは、現行のトヨタのノア用のフロアマットの社外品の製品の中では、トップクラスのフロアマットの厚みとなります。


 


たっぷりとした贅沢な厚みを持つアルディジャーノのノア社外品フロアマット、C2000ですが、販売価格はフロアマットとラゲッジマットのセット価格で41040円となっているのも魅力の一つです。


 


ただし社外品フロアマットの価格帯としては、比較的高価な価格帯に属するアルディジャーノのノア社外品フロアマットのC2000ですが、C2000が高価な理由は、フロアマットの生産をすべての製造工程を含めて日本で行っている国産のフロアマットである、という理由があります。


C2000は生産のみならず、生地用の糸やフロアマットの素材に至るまで日本製で揃えている為、価格が社外品フロアマットとしては比較的高めになってしまうのはいたし方ない事なのかもしれませんね。


トヨタ ノアの社外品フロアマットについて

■人気ナンバーツー、「HOT FIELD(ホットフィールド)」


 


ノアの社外品フロアマットとして、ナンバーツーの人気を獲得しているのが、「HOT FIELD」です。


 


ホットフィールドはノアの社外品フロアマットの中でも特に安い価格帯で販売されている事が最大の特徴であり、価格はフロア/ラゲッジのフロアマットがGENERAL・千鳥格子柄がそれぞれ24840円、ふかふか毛足のシャギータイプが35370円で、セカンドラグがGENERAL・千鳥格子柄がそれぞれ10800円、シャギータイプが14040円と、他社の現行の社外品フロアマットよりもお求めやすい価格帯での販売となっています。


 


ホットフィールドの特徴はほかにも、GENERALシリーズや千鳥格子柄など4タイプ、11色から選べるバリエーションの豊富さや、車種ごとに設計された裏面スパイクゴム、ズレを防止するズレ防止加工、遮音や防水加工など、各種の加工を行っている点も見逃せません。


トヨタ ノアの社外品フロアマットについて

■人気ナンバーワン、「FJ CRAFT」


 


トヨタのノアの社外品フロアマットで、現在不動の人気1位を獲得しているのが、ニチリンケミカル社製のフロアマット「FJ CRAFT」です。


 


FJ CRAFTが社外品のノアのフロアマットとして高い人気を博している理由としては、消臭、抗ウイルス、カビを防ぐ防カビ、防汚、抗菌、そしてマイナスイオンの各種の加工が空気触媒であるセルフィール加工によって施されているという、クオリティの高さにあります。


 


空気触媒加工のセルフィール加工は飛行機の機内や地下鉄、バスや電車などの各種交通機関の座席にも使用されている信頼の加工技術でもあります。


 


セルフィール加工が施されたノアの社外品フロアマットのFJ CRAFTは、販売価格もスタンダードシリーズ、チェックシリーズともに24980円という驚きの価格で販売されている事も、ノアの社外品フロアマットとして高い人気を獲得し続けている理由の一つになっています。