トヨタのフロアマットがリコールされた理由とは

トヨタのフロアマットがリコールされた理由とは
トヨタのフロアマットがリコールされた理由とは

トヨタフロアマットがリコールされた理由としては複数の原因があるといえ、その背景には、多国籍企業の経営におけるコミュニケーションと相互理解不足などがあるといえます。カリフォルニア州のハイウェイ・パトロール隊員の運転するレクサスESが、高速走行中、暴走し、他のクルマに衝突し、大破後に炎上して4人が死亡した事故が起こりました。事故直前、ドライバーの911通話内容が録音されており、アクセルが引っかかって暴走していることや最期に、もうダメだ、神に祈るしか・・という声で録音が途切れました。


トヨタ フロアマットに不具合があり、マットがアクセルペダルの下に引っかかってしまい、アクセルが戻らず、時速190kmで暴走し、事故が起こったということです。


トヨタフロアマットが固定されておらず、アクセルペダルに引っかかってしまったことでアクセルが戻らなくなったといわれています。長くブレーキを踏んだ形跡が残されていたことと、事故車にはトヨタ フロアマットがあったそうです。


トヨタフロアマットは、オール・ウェザータイプのフロアマットで、ディーラー・オプションで付けられます。この問題のほとんどは、トヨタ本社の品質管理とは別のものとして起こっている問題だという人もいますが、トヨタのロゴが入ったディーラー・オプションで付けられるトヨタ フロアマットであることからトヨタへの責任追及は免れず、本社経営へ直接責任追及がなされた事例でした。


トヨタのフロアマットがリコールされた理由とは

本来ならトヨタ フロアマットの事故はトヨタの技術者の技術とは本来切り離されて考えられるべきところもあるといえる問題ですが、技術者を巻き込んで安全についていの論争も起こりました。これをどう考えるのかという点については、非常に難しい問題となっています。今後の進展を見守りたいと思いますが、よく多国籍企業の軽軽においては、ローカルニーズを知り、判断を現地化させるということが大切だといわれます。


日本に本社がある多国籍企業の場合にも現地の事情をもとに現地から期待されていることと、実際に行われていることは異なっており、失敗につながるということも多いといわれたりしています。


どの国においても、これが安全性という問題に関わる場合、事態はより深刻になります。現地事情へ合わせるということが、本社の安全基準への妥協になってしまっている場合、事故などの深刻な事態になった時にどう責任を取るのかという点についての対策はなされていません。この点が事態をより深刻化させたといえます。それは技術者の仕事ではないかもしれません。しかしこの場合、これまでの日本的な発想ではこのような問題を事前に対処するのは難しいといえます。


トヨタのフロアマットがリコールされた理由とは

日本の技術力を否定する裁判劇を繰り広げるのは茶番といえ、茶番を演じるよりも和解金を支払うことが選ばれました。当然のことですが、茶番を演じれば演じるほど信用は失われます。それはトヨタにとっても、最終的にアメリカにとってもメリットがあることではありません。この段階で問題をシンプルに対処するマネージャーの存在が不可欠であるといえますが、マネージャーなしにトヨタが動くことで物事はより複雑化する方向へと進んでしまいますし、元に戻すことはだんだんと困難な状況になっていきます。


このような悪循環が生まれると、より合理的に行動する必要がありますが、今後の舵取り次第で、事態はより複雑化していくかもしれません。そして、その可能性の方が大きいかもしれません。


解決策はシンプルですが、シンプル故に、誰でも理解できますが、既に、これまで問題が小さかった段階で、適切に対応する機会を失ってきたことが蓄積していった可能性もあります。これは、数多くの著作権に関する尊重という点で、著作権に注意を払うこと手薄であった背景もあるのかもしれません。このような点を一つ一つ見直し、対処していく作業が不可欠なのかもしれません。