ハリアー用の運転席のフロアマットについて

ハリアー用の運転席のフロアマットについて

ハリアーは、非常に有名な車となっており、利用している人もそれなりに多いのですが、フロアマットという部分では、少し問題を抱えている車でもあります。ハリアーのフロアマットを利用しているユーザーの中には、思ったほどの長さにならないとか、足りない部分があるなどの不満が出ていることもあります。その理由として、ハリアーという車の性質上、フロアマットを規定されているラインまで作り上げることが出来なくなっており、これが問題になってしまっています。


本来はそうしたことが起こらないように、しっかり長さを確認してから作ることになっていますが、ある部分が原因となっていて、それが出来ないままになっているのです。ハリアーのフロアマットを購入する際は、所定の長さよりも運転席側は短くなってしまうことを考えてください。短くなっていることを前提にしておかないと、これは不良品だと思ってしまい、購入した店舗に迷惑をかけてしまうことがあります。


ハリアー用の運転席のフロアマットについて

なぜ短くなってしまうのかは、ハリアーに傾斜が存在していることが要因となっています。ハリアーのフロアマットは、その傾斜を考慮して作られているので、どうしても長くすることができません。長くしようと考えていると、その時点で使えない部分が出てしまうことから、そうしたことが起こらないように、様々な対策を行っています。短めに作っているのは、入れることが出来ないような問題を防ぐために必要なことで、これはやらなければならないことでもあります。


特にペダル側については、かなり短く感じられることがあるかもしれません。ペダル付近に、マットが足りないので困っているというユーザーも非常に多いとされていますが、これは仕方ないことです。ハリアーは、その部分に隆起されている部分があり、それが原因でサイズの調整が困難になっています。しっかり作ろうとすると、今度は長すぎてどうしようも出来ないことがあるので、そのようなことが起こらないように工夫されているのです。


ただ、ハリアーのフロアマットは、しっかりした作りであることが要因となっており、運転には非常に便利なものです。色々な汚れをしっかり防ぐことが出来て、しかも抗菌や防臭といった効果も期待されています。臭いが非常に気になってしまうことが、車ではよくあることでもありますので、それを最初から防止している状態であることは、とにかく大事なことでもあります。出来ている車というのは、非常に安心して運転をすることが可能です。


どのようなハリアーフロアマットを購入しても、ペダル部分の長さが足りないことを考慮しておくことと、なるべくその部分だけ継ぎ足しをするようにして、何らかの防御を作っておくといいです。適当にマットを切り取って、その部分だけ付け加えておけば、とりあえず問題なく利用することができます。ペダルの部分は、隆起している部分を何とかして隠すようにしていないと、結構苦労することもあります。


ハリアー用の運転席のフロアマットについて

このように、運転席側だけに起こりやすい問題として、長さが足りないということがあります。長さがしっかりと取れているようなら、そうした問題は起こらないことも多いのですが、車の性質上仕方の無いところもあります。どうしても気になるようなら、その部分だけプラスしておくか、本当にギリギリの寸法で作られているものを、購入しなければなりません。


様々なハリアーのフロアマットが販売されている中で、どうにかして長さをあわせられるもの、対応することが簡単に出来るものを選びたいものです。ただ、なかなかそうした商品というのは販売されていないことを考えて、できれば足りないものでも何とかできる状態を作ったほうがいいです。