フロアマットが車種別に作られている理由について

フロアマットが車種別に作られている理由について
フロアマットが車種別に作られている理由について

・フロアマットは車種別に作られている


国内で販売されている自動車は運転者などの足元の汚れを防止するなどの目的で、自動車メーカーごとにその車の形状やサイズにフットするメーカーの純正フロアマットが提供されています。そのため、車を新車で購入すると、純正品のフロアマットなどを装備してもらうことができます。純正品のフロアマットは車種別に作られていますが、純正品は社会品などに比べると、価格も高めで、特に純正品にこだわらないという人も多くいます


そのため、現在、様々なフロアカーペットが販売されており、純正品だけでなく、車種に対応した社外品や汎用マットなど、いろいろと種類があります。


しかし、どうしてフロアカーペットは車種別に作られているのでしょうか?そこで、フロアカーペットが車種別に作られている理由について紹介したいと思います。


・フロアマットが車種別に作られている理由


フロアカーペットが車種別に作られている大きな理由として、安全性が挙げられます。車メーカーの車種に設定されている純正品カーペットは、何度も実験を繰り返し、他のカーペットよりも高い安全性が客観的に証明されたものになっています。


そのため、フロアカーペットが原因で事故につながるリスクが、社外品や汎用性のカーペットレスに比べて低いのです。


フロアマットが車種別に作られている理由について

メーカーは車種ごとにフロアカーペットのずれなどが起こりにくいように、メーカー純正カーペットは運転者の足元の床のアクセルペダルやブレーキペダルの形状や位置が考慮されて、形状が設計されています。そして、フックやクリップなどで位置固定ができる構造となっているのです。


運転の足元のブレーキペダルやアクセルなどは、それぞれの車種で特有の仕様性がありますので、純正のフロアカーペットはその車の種類の仕様性に合わせて設計されているという点で、ピッタリとフィットさせると、汎用カーペットでは端の方が余ってしまうといったことは純正カーペットにはありません。よりズレにくい構造になっていますので、汎用カーペットよりも、より安全性が高いという意味でも高い評価があるのです。


このように、構造性という点で、メーカーではその車の種類にぴったりと合った純正カーペットを提供し、フロアカーペットが車種別に作ることで、フロアカーペットが原因となる事故のリスクをより低くなるようにされています。


フロアマットが車種別に作られている理由について

・マットが原因の事故の報告もある


毎年、フロアカーペットが原因となる事故が起こっており、事故情報が報告されています。その原因として、フロアカーペットがずれるといった、フロアカーペットの使用方法がきっかけとなる車両のアクセルペダルやブレーキペダルへの干渉によって、アクセルペダルがフロアカーペットに引っかかって、戻らなくなってしまい、車が意図しない加速状態になったり、ブレーキによる制動性能が低下してしまうといった変化が起きて事故につながるということが指摘されています。このような不具合を未然に防ぐために、純正カーペットの使用が長年提言されてきているといわれています。


社外品のフロアカーペットは純正品に比べるとリーズナブルに入手でき、多くの種類などもあって1 年間で150 万枚以上も販売されているといわれています。最寄りのカー用品店やホームセンター、インターネットでも手軽に購入できるので、社外品フロアカーペットは広く使用され、デザインなども好きなものを選べるため人気があります。


そのため、メーカーの純正品のみを強調することには賛否両論あり、できるだけ事故のリスクを低くするためには、車種に応じたフロアカーペットを備えるという点は大きいポイントといえますが、このあたりについても現在、多くの議論がなされているようです。