フロアマットを変えると車の雰囲気が変わる理由とは

フロアマットを変えると車の雰囲気が変わる理由とは
フロアマットを変えると車の雰囲気が変わる理由とは

・フロアマットは車内の雰囲気に影響する


車の空間は、床、壁、天井で囲まれており、自分の好きな色や元気さがアップする色などが使われていると居心地のよい、快適な空間になるといえます。フロアマットも同様で、選ぶ色やデザインなどで、車の室内の雰囲気や居心地は変わってくるといえます。そのため、床カーペットの色や柄選びは重要なポイントになります。


カラーイメージともいえますが、色は、人の心と体に影響を与えるといわれています。色から人間は視覚的な影響を受けます。例えば赤色やオレンジ、黄色などの暖色系カラーは、気持ちを高める効果があってより元気になれる色だと考えられています。そして、青や緑といった寒色系カラーは、心も体も落ち着かせル効果があるといわれます。補色という考え方もポイントです。例えば、赤色の補色の緑系カラーや、黄色の補色の紫系カラーは中性色とよばれ、血圧や体温を平常の状態に保ったり、穏やかな気持ちにしてくれる効果があるとされているのです。


このような色の特徴を床に取り入れることで、気持ちが高揚したり、落ち着いたりするという影響があり、フロアカーペットを変えると車内の雰囲気が変わるということになります。つまり、色の作用によって、車の雰囲気が変わるのです。このことが、カーペットを変えると雰囲気が変わる一つの理由といえます。


フロアマットを変えると車の雰囲気が変わる理由とは

・居心地がいい車内空間を実現するためのマットの色選びについて


視覚的効果によってマットのカラーは車の室内の雰囲気に大きく作用するということが指摘されています。マットのカラーを選ぶということはカー空間の雰囲気に影響しますので、居心地という意味でも重要です。色が及ぼす人兼への心理的な作用で、最もリラックスできるカラーはベージュだといわれています。これは人の肌の色に近く、木などの色にも近い木肌色や畳の色など、とても身近なところに使われている色といえます。つまり、ホッとするようなイメージの色だといえます。このような色をマットに用いると、車内空間がより落ち着いたものになって、広く感じられるといわれています。


また、暗い色は圧迫感が出て逆にカー内が狭く感じられるといわれています。例えば、小さなお子さんは特に背が低いため、フロアを見ることが多くなります。カーペットにオレンジやベージュ系カラーなどの明るめの色が摂り入れられたものを選ぶと、楽しい気分になるといえます。


フロアマットを変えると車の雰囲気が変わる理由とは

運転するとよく人が変わるといった人もいますが、普段は穏やかなのに、ハンドルを握ると人が変わって、短気になったり、怒りやすくなったりする、という場合には、心を落ち着かせる効果がある寒色系のカラーが使われているタイプがおすすめです。気持ちを静めてくれて、よりドライビングに集中することができるといわれています。


また、より楽しい雰囲気などが車内にある方がいい、という意見の人は、明るめのカラフルなデザインのキャラクター入りのタイプなどもおすすめです。モノトーンであればちょっと味気ないという人にもおすすめです。


・乗る人のニーズに応じた色やデザイン効果的の高いものがおすすめ


視覚という点から、車の雰囲気はフロアに敷くカーペットの色や柄などによって変わってきます。それだけでなく、色は実際の車における体感温度という点でも違いがあるといわれています。車内を暖色系カラーで統一した場合と、寒色系カラーで統一した場合、体感温度が3℃くらい違うという人もいます。


夏は、季節に合わせて寒色、冬は暖色と、マットの全体的な色を変えることで実際の室温以上に快適に過ごせるというメリットもあります。


マットの色は車内の雰囲気に影響を与えるといえますので、それぞれ、乗る人のニーズに応じてマットの色やデザイン効果的の高いものを選ぶことがおすすめです。