新型アルファードフロアマットの特徴とは

新型アルファードフロアマットの特徴とは
新型アルファードフロアマットの特徴とは

トヨタの新型アルファードは2015年1月にフルモデルチェンジでデビューしました。従来とは違った新しい高級車概念をコンセプトのもとで開発された新型アルフォードは、車内のシートのクオリティーがさらにアップし、高級感のある仕様へと大きく進化しました。 まるで高級リムジンのようなイメージをもてる車内はミニバンを超えたともいえます。


そのような新型アルフォードのフロアマットはシートアレンジメントを妨げない構成で、パーツ数も多く、細かなエリアにもフィットできるようになっています。フロアマットは車内の雰囲気を左右するアイテムとしても重要で、安定感が高く、ずれによる不快感を抑えて汚れが目立たたない仕様となっています。


また、新型アルフォード車の足元を汚れや水からプロテクトする機能もさらに充実し、運転席のフットレストも標準装備となって充実しています。フロアマットにはずれ防止ホールダーが設けられ、専用の留め具でフロアマットをしっかり固定します。運転席の足元のマットには、耐久性と耐摩耗性に優れたヒールパットが装着されています。ヒールパッドはマットの消耗を少なくするだけでなく、運転者の走行中の疲れも軽減するという安全上の効果もあり、ヒールパッドが装着されていないフロアマットに比べると運転中のマットの擦れも大幅に軽減することができます。また、このマットは左足フットレスト部へも標準装備されているため、左足フットレスト部の汚れや擦れも防止することができます。


新型アルファードフロアマットの特徴とは

そして、助手席下のセンターマットは、専用留め具と裏面マジックテープ固定によりしっかりとずれ対策が施されています。シート2列目と3列目の足元はシートアレンジメントを妨げない構成となっており、フロアマットのパーツ数も多くなっていますが、専用設計によって複雑な形状にもピッタリと合った仕様が実現されています。こちらのパーツも専用留め具やマジックテープによってマットを床面にぴったりと固定することが可能となっています。


新型アルフォード車にはサイドステップが右前後、左前後の4カ所に設けられています。それぞれのサイドステップには強力な両面テープによる独自の形状にぴったりフィットして、擦れや汚れを防止するためのマットパーツが設置されています。


そして、車後方のラゲッジ部にはラゲッジ部専用フロアマットパーツが敷かれ、こちらもしっかりとアルフォード車体に固定されています。


新型アルファードフロアマットの特徴とは

新型アルフォード車のフロアマットは遮音性や防水性に優れ、クッション性も高く、車内の雰囲気を視覚的に演出するのに重要なアイテムです。フロアマットのデザインカラーはサンプルカラーから選択できるようになっており、マットを敷くことで、車内が様々な意味でより快適になります。マットには安定感を高めてずれを防止したり、車内の快適性を高めるだけでなく、車内を清潔に保つという大切な機能もあります。新型アルフォードのマットはパーツごとに取り外して洗うことができるため、汚れた部分をピンポイントで清掃できます。新型アルフォードのマットはシートアレンジメントを妨げないなどといった配慮から、多くのフロアパーツで構成され、一度取り外して水洗いしても設置したときの密着性は変わりません。


トヨタの3代目新型アルファードは2015年1月にデビューしました。高級車概念をコンセプトに開発され、さらに高級感のある仕様が実現しています。そのような新型アルフォードのマットはシートアレンジメントを妨げず、ずれによる不快感を抑えて車内の快適性をより向上させるためのアイテムで、車内の雰囲気を左右するアイテムとしても大きな役割を担っています。