新型アルファード30型のフロアマットについて

新型アルファード30型のフロアマットについて

トヨタのミニバンの中でも最上級に位置付けされる新型アルファード30系はスタイリッシュ且つ高級感を漂わせるデザインが人気の車種となりますが、10系、20系と進化を遂げ平成27年1月に30系が新しく登場しました。


優雅な外装はもちろんの事細部にまでデザインが施されているのがアルファードの特徴ですが何と言いましても内装のフロアマットにも力を入れています。従来の車種ですと固定された座席の下にただ敷き詰め後部座席は中央でつながっておりどこか違和感を覚えるデザインのものがほとんどでした。ただアルファードのフロアマットは10系シリーズからラゲッジマットとステップマットで車1台分をカバーする事ができるのが特徴です。またラグマットを使い分ける事により足元の汚れや万が一の衝撃からも守る事ができ自分のカーライフスタイルに合わせて様々なヴァリエーションの中から無限大の組み合わせができるのも魅力の一つです。


アルファードのフロアマットだけで見ましても運転席、2列目、助手席など商品の数も多く加えてラグマットやラゲッジマットもありますのでどれを選べばよいか悩むところですが、新型アルファード30系のフロアマットには純正品としてセットで購入できサイズも規格された通りのぴったりサイズのフロアマットが販売されています。新型アルファード30系のフロアマットを選ぶ際にはまず目的、用途を明確にし大きさ、フロアマットを敷く場所を考えてから購入する事が求められます。車には疎くどうしても分からない方にはフロアマット、エントランスマット、ラゲッジマットがセットになった商品がお勧めで価格も3万円くらいで購入する事ができます。


新型アルファード30型のフロアマットについて

新型アルファード30系のフロアマット選びにはライフスタイルを反映させる事が望ましく独身で自分以外運転しない方もいれば家族連れで子供さんも多く毎回7人乗車で旅行に出かけるとでは大違いです。元気なお子さんともなりますと靴を脱いで裸足になったりお菓子やジュースなどでフロアマットやシート、座席を汚す事も考慮して汚れの目立たないカラーや拭き取りやすいデザインを選ぶなど環境によって新型アルファード30系のフロアマットも同じではありません。


ただ普段は一人で運転させる方もフルピースのフロアマットを用意しておく事に問題はなくドライブや友人の送迎などで使用する場合に役に立つのです。


新型アルファード30系は高級感溢れるデザインが特徴ですがやはり乗車した際のフロアマットの質感やきめ細やかな裁縫、座り心地、カラーやデザインにこだわって全体を見た時にこそ真の高級感を実感できるのではないでしょうか。


新型アルファード30型のフロアマットについて

フットレスカバーが付いたものやオプションでスティッチのカラーを変えてみたりラバータイプのものまで各メーカーから販売されていますので世界に1台だけのオリジナルなデザインのフロアマットが作成できるのは大きな魅力の一つです。このラバーマットの特徴は野球やサッカーなど毎回泥だらけで乗車されるお子さんがいる家庭やアウトドアやサーフィン、マリンスポーツにも最適で水汚れに強く雨の日でも汚れを気にする事無く掃除も楽に済ませられるメリットがあります。ラバーマットには厚みもかなりありますので走行中の遮音効果もありニオイも気にする心配もありませんので新型アルファード30系のフロアマット選びの際に参考にされて下さい。


特に家のインテリアや装飾品をイメージして配置する感覚と同じように車の内装も統一性を持たせたりして選び車種の色のシルバーメタリック、ブラック、グレイッシュブルーマイカメタリックなどの違いによっても内装にも変化をもたせることが大事です。