新型ハリアー用のフロアーマットの性能について

新型ハリアー用のフロアーマットの性能について

日本を代表する高級セダンのSUV車として知られるトヨタのハリアーですが、高級セダンの乗り心地とラグジュアリーさを兼ね備えた新型のトヨタのハリアーもまた旧式のハリアーと同じく、多くのファンからの高い支持を受けています。


今回は、新型ハリアーである60系ハリアーに使われるフロアマットの性能についてご紹介させていただきます。


 


■新型ハリアーのフロアマット「アルディジャーノ R1000」とは


 


60系の新型ハリアーのフロアマットとして、近年にわかに注目を浴びているのが、今回ご紹介させていただくアルディジャーノの「R1000」のフロアマットです。


 


R1000は60系の新型ハリアーのフロアマットとしては、コストパフォーマンスに優れた廉価な価格帯での販売を行っており、純正フロアマットに勝るとも劣らない好調な売れ行きを見せています。


 


■「R1000」の各種の性能について


 


60系の新型ハリアーのフロアマットとして高い人気を誇るアルディジャーノの「R1000」ですが、R1000にはさまざまな性能が付帯されており、その性能がR1000の高い人気の基盤となっています。


新型ハリアー用のフロアーマットの性能について

・R1000の「オーバーロック加工」


 


新型ハリアーのフロアマットであるR1000は、フロアマットの縁取り加工を発色が美しく、なおかつ強度にも優れた特殊な繊維素材によって行う事で、繰り返しの使用にも耐えうる強靭さを実現しました。


オーバーロック加工部分は12色から選ぶ事が出来るのも、嬉しい点の一つとなっています。


 


・R1000の「生地」


 


新型ハリアーのフロアマットのR1000では、さまざまなライフスタイルのシーンに合わせてお使いいただけるように、シンプルラインとチェック柄ラインの2パターンのラインから、計8色のライン展開を行っており、カジュアルなライフシーンやスポーティーなアクティブシーンまで、あらゆるライフスタイルにも適用出来る、ドレスアップ対応のフロアマットとなっています。


特にシンプルラインのブラックは、シーンを選ばないカラーリングとして高い人気を誇ります。


シンプルラインの特徴は、単色で織られた生地の表面にさりげない柄を差し込んでおり、車内空間にも自然になじみやすく、なおかつ飽きが来にくい定番のラインです。


チェック柄ラインの特徴は、色鮮やかな発色で織られた生地にシックな印象のブラックのチェック柄が入っており、美しいコントラストがスポーティーな雰囲気をそこはかとなく醸し出す、という特徴があります。


 


・R1000の「ヒールパッド」


 


新型の60系ハリアーのフロアマットとして開発されたR1000には、ヒールを置くヒールパッドの部分にもさまざまな技術が採用されています。


特に、ヒールを使った操作時の操作性、繰り返しの使用にも耐えうる耐久性、そして磨り減りを極限まで抑えた耐摩耗性の3点に焦点を絞り、革新の技術でこれらの性能をアップさせているのが特徴です。


新型ハリアー用のフロアーマットの性能について

・R1000の「ネームタグ」


 


新型の60系ハリアーに限らず、車内空間で使うフロアマットで忘れてはいけないのが、ネームタグです。


ネームタグはさりげないおしゃれさを演出するのに最適な箇所ですが、R1000では生地に出来るだけ近いデザインでネームタグを織り込む事により、過度になりすぎないおしゃれさを実現しました。


 


・R1000の「マットの専用固定方法」


 


新型ハリアーの60系の車種のそれぞれの特徴に合わせ、R1000ではフロアマットの固定方法についても、車種ごとの専用固定方法を設けています。


 


・R1000の「スパイク加工」


 


R1000では、新型の60系ハリアーに対応したフロアマットが、車内でズレないようにするスパイク加工を裏面に施しています。


(R1000の中でも、60系ハリアーの対応車種によってはスパイク加工が施されていないフロアマットもあります)