新型プリウスのオプションフロアマットについて

新型プリウスのオプションフロアマットについて

プリウスは1L当たりの燃費が40.8kmという市販車ではとても優れた燃費を記録したハイブリッドカーです。2015年にモデルチェンジされ、これまでのプリウスに比べ圧倒的な低重心化が実現されています。この低重心化性は、自然なドライビングポジションを実現し、運転のときの楽しさにも繋がっています。新型プリウスにはトヨタ ニュー グローバル アーキテクチャー(TNGA)と呼ばれる新しい技術が採用され、事実上、半自動運転が可能となっています。市街地ではアクセルもブレーキも踏まずに、発進、加速、停車などの自動化が可能です。新型プリウスは運転席と助手席を広くとるような、開放感のあるデザインとなっています。


12月9日に発売された50系のフロアマットの純正オプション品価格は、ベーシックタイプのデラックスは24,840円となっています。また、光触媒チタンアパタイト加工が施されているプレミアムは36,720円となっています。表面に抗菌加工などが施され、抗アレルゲン、抗菌、消臭、防ダニ効果などが期待できます。


新型プリウスのオプションフロアマットについて

フロアマットのメリットとして、フロアマットは使用をすることで車体フロアを汚れから防ぐ効果があり、綺麗な状態を維持することができます。マットを敷くことで、土足で運転するようになっても清潔感を保つことができています。また、泥などでマットが汚れたとしてもマットを取り外して洗うだけで、綺麗な状態に戻すことができるようになっています。そのため掃除の手間もあまりかかりません。


新型プリウスのフロアマットは、耐久性や耐摩耗性、断熱性などにも優れ、運転者の足元のフロアマットにはヒールパッドも設置されていますので、マットの消耗軽減につながり、擦れや汚れ防止効果も期待できます。また、運転席のフロアマットは、運転者の足元を守って走行中の疲れを軽減させることができ、安全性効果にも配慮されています。マットに使用されている繊維は摩擦によるすり減りや繊維のほつれなどが少ない化学繊維が使われているためとても丈夫です。この化学繊維は難燃性も高く、喫煙などによる不意の焼けや燃え広がりも抑えてくれます。


また、新型車のフロアマットは車内の雰囲気も大きく左右する重要なオプション装備品で、車内の雰囲気に調和するデザインです。そして、新型車のオプションマットはオリジナル設計技術によって、車内の複雑な形状にしっかりとフィットする設計がなされていますので、専用留め具やマジックテープなどで効果的に車体床面にしっかりと固定することができます。


新型プリウスのオプションフロアマットについて

新型プリウスは今回のモデルチェンジで低重心性のある仕様性が高くなりましたが、カーブなどの運転走行時にもこれらの機能がしっかりと発揮され、車内の足元の快適性を高めつつ、床面にしっかりとフィットするように設計されています。


このようにプリウスのマットは、運転者の足元の快適性と安全性を更に高めつつ、車内の足元部を汚れや水から車体床面をしっかり守る機能だけでなく、難治性などの安全面でも配慮された車内オプション装備品となっています。


現在、インターネットでは、車種専用設計のフロアマットが販売されており、純正品とほとんど変わらないクオリティーが提供されているものもあります。価格もよりリーズナブルに設定されているものもありますので、雨の日など、特に汚れやすい日に、純正フロアの上に敷くことで汚れを防止する目的で利用する人もおり、そのまま敷くだけでなくセットで利用するという柔軟な利用方法もできます。


プリウスは1L当たりの燃費が40.8kmという、市販車ではとても優れた燃費効果のあるハイブリッドカーです。新型プリウスのフロアマットは、車内の足元の快適性を高めつつ、床面にしっかりとフィットし、運転者の疲労軽減などにも配慮された車内雰囲気を左右する重要なアイテムです。