新型ヴェルファイアのフロアマットの性能について

新型ヴェルファイアのフロアマットの性能について

“新型ヴェルファイアのフロアマットの性能について見ていきましょう。


新型ヴェルファイアのフロアマットというのは、柔軟にシートアレンジにも対応しています。


7人乗りの車輛である新型ヴェルファイアの上級グレードの場合には、標準でエクゼクティブパワーシートの電動オットマン機能付きのものが装備されています。


新型ヴェルファイアの上級グレードの場合には、プレミアムシートパッケージ車という快適温熱シート&ベンチレーション機能とプレミアム本革のシートを装備したものが設定されています。


また、セカンドシートの2列目の広々とした足元のスペースをスーパーロングスライドによって実現しています。


さらに、シートの3列目を上げた場合に確保することができる、ラゲッジルームの大容量のものは、仕事で使ったり、レジャーで使ったりする場合に非常に活躍します。


マットメーカーでは、新型ヴェルファイアのこのようなもの対応したラゲッジマットやラグマットをいろいろ準備しています。


なお、スーパーロングスライドには、電動オットマン付シートは対応していません。


新型ヴェルファイアのガソリン車・ハイブリッド車の場合にもフロアマットは対応しています。


新型ヴェルファイアのフロアマットの性能について

ハイブリッド車の場合は、「THSⅡ」というハイブリッドシステムの先進のものが搭載されており、このクラスにおいてトップクラスの低燃費、パワフルな加速、静粛性を実現しています。


このバッテリーが納められているフロントコンソールBOXの大型のものによって、設計が助手席と運転席はそれぞれ独立したタイプになっています。


しかしながら、それぞれのグレードごとに違っているフロアの形状に応じた設計を専用に行っているので、全てのグレード・全ての車に対応しています。


一方、ガソリン車の場合は、定評がある静粛性と低燃費の両立を図った2400ccエンジンと、環境に対する配慮をした、加速性能のクラストップレベルのものを誇る3500ccエンジンのタイプが2つあります。


乗車定員としては、ユーザーの生活スタイルに応じて、ラインアップとして8人乗りと7人乗りの2つのタイプが設定されています。


セカンドラグマット・フロアマットは、乗車定員とそれぞれの装着オプション・グレードによって違っているフロア形状に応じて、設計が専用に行われています。


妥協を価格についても品質についてもしないというこだわりが、マットづくりにおいては最も大切なものでしょう。


新型ヴェルファイアのフロアマットの性能について

マットメーカーとして、素材・縫製・型取り・裁断について日本製であることに対してこだわりを持ち続けることで養われてきた、経験やノウハウ、技術が、ユーザーが要求する高いコストパフォーマンス・クオリティの製品を実現させることができました。


純正品のマットだけでなく、量販店や他社製品などの汎用マットの場合には無いような、より使いやすさ、求めやすさ、美しさなど、末永く使用するための設計のオリジナルのものがいろいろなところに施されています。


そのため、ユーザーに自信を持って提供することができるでしょう。


フロアマットは、実際の車からグレードごとに採寸したオリジナルの設計になっています。


新型ヴェルファイアのフロアマットは、素材としてトヨタの高級ミニバンの最高クラスのものを十分に意識して、ふさわしい品質と価格と使い勝手のバランスを考慮したお買い得なセットの商品です。


新型ヴェルファイアというのは、ヘッドクリアランスを長時間にわたって大勢の家族や大人がドライブするために確保していることと、室内スペースが広大なことが魅力的です。


そのため、新型ヴェルファイアのフロアマットを利用することによって、より快適なスペースを実現することができるでしょう。