現行のヴェルファイアで社外品の、車種別専用設計フロアマットとは

現行のヴェルファイアで社外品の、車種別専用設計フロアマットとは

車を乗り換えるときにはフロアマットはオプション設定になっていますので、ディーラーで購入するという人がほとんどだと思います。セダンなら3万円くらいで購入できるものが多いのですが、ミニバンは高価になります。たとえば昨年フルモデルチェンジしたトヨタのヴェルファイアなら安いもので約9万円、高価なフロアマットだと10万円くらいします。


というのもミニバンは床面積が広いということもありますし、シートがスライドしますのでフロアマットの形状も複雑になりどうしても効果になってしまうという理由があるんです。また最近のフロアマットは消臭、防カビなどの加工をしてある物が多く、高級車だと遮音材が入っているものまであります。こういう理由で価格が高くなってしまうということもあります。


現行のヴェルファイアで社外品の、車種別専用設計フロアマットとは

このようにミニバンのフロアマットの価格は高いので、純正ではなく社外品も販売されていますし、実際に社外品を購入する人はかなりたくさんいるようです。社外品のフロアマットは昔はあまりありませんでしたが、最近は多くのメーカーが車の床に合ったフロアマットを取り扱うようになって来ました。カラーもいろいろあり自分好みのデザインを選べますので、結構人気があるようです。


フロアマットで大事なのは床の形にしっかり合うのかというのか、という点ですが、しっかり作られていますので、純正品と同じように車に合いますので、安心してください。


問題の価格ですが、安いもので25000円くらい、高価なもので50000円くらいしますが、それでも純正品に比べるとかなり割安に購入することができますので、おススメです。


 


純正品と社外品の違いはいろいろありますが、主に違うのはマットの品質です。純正品はかなり丈夫に作られているため、マットが分厚くなっているのが特徴です。車を長く使われることを想定して作られているためです。またマットが分厚いので、車内が多少静かになるというメリットもあります。デメリットとしてはデザインがほとんど選べないという点です。多くが無地で黒や茶色などの汚れが目立たない色が使われています。


現行のヴェルファイアで社外品の、車種別専用設計フロアマットとは

一方、社外品は価格が安いものは純正品よりもマットが薄く多少薄くできているのが特徴です。このため多少貧弱ですが、安く購入できるのが魅力です。また高価なものになると、それなりに分厚く上質感もありますので、純正品とそんなに品質は変わりません。


そしてデザインもいろいろあります。カラーも様々ですし、柄もチェックやストライプなどもありカラフルで、自分好みの車内にすることができるという特徴があります。トヨタやヴェルファイアというロゴは入りませんが、こうした点はあまり気になりません。


 


ヴェルファイアのフロアマットが欲しいという場合、インターネットなどでたくさん販売されていますので、こちらで購入することができます。複数の会社が販売していますので、口コミなどを参考にして選んでみてください。安いものでもよいですが、多少高級なものの方が上質感がありおススメだと思います。


カー用品店でもこうした車のフロアマットを販売していますが、こうしたものを購入するのは控えた方が無難です。車にしっかり合っていないと危険だからです。特に運転席はマットがずれるとペダルがきちんと踏めずに、大事故が起こってしまう可能性があります。ですので運転席はズレない様に止める器具がついていますので、これにしっかり止めるようにしてください。


 


また車を車を購入してからフロアマットを購入するのではなく、納車される前にあらかじめ購入しておくのがおススメです。注文してからしばらく時間がかかりますので、その間、フロアマットがないと床が汚れてしまいます。