自動車のフロアマットの洗い方

自動車のフロアマットの洗い方
自動車のフロアマットの洗い方

自動車にはフロアマットが敷かれていますが、これを洗う人って少ないと思います。たまに掃除機をかけたりする人はいますが、洗うのは面倒ですので、納車依頼そのまま使っているという人も多いのではないでしょうか。


しかし、自動車のフロアマットは大変汚れやすい場所ですので、定期的に洗うことをおススメします。地面に落ちている泥やゴミがたくさん付着していますので、とても汚いんです。また自動車は湿気が溜まりやすいという特性があります。その原因の一つがフロアマットでもあります。生地に水分が溜まりやすいので、においの原因にもなります。


洗い方はまずフロアマットに水をたっぷり含ませます。この時泥やゴミなどがたくさん含まれていて、汚い水がたくさん出てきますので、根気よく洗い流してください。そしてある程度フロアマットから出てくる水がきれいになったら、洋服を洗濯するときに使う液体洗剤をフロアマットにたらしますが、この時の注意点は出来るだけ少なめにするということです。液体洗剤をたらしたら、ゴシゴシこするのではなく、たわしでフロアマットをたたくようにして汚れを浮き出させます。すると汚い泡が出てきます。つまりこのくらいフロアマットは汚れているということです。なかなか汚れが取れない場合、これを2~3回繰り返すと泡がきれいになってきますので、次は水をかけてすすいでいきます。


自動車のフロアマットの洗い方

すすぐときに一番大事なのは、石鹸の成分がフロアマットに残らないようにするようにする事です。ですので泡が出てこなくなるまで、根気よく水をかけて洗い流してください。


すすぎが完了したら今度は乾燥させます。この時注意点は乾燥機などで乾かしてはいけないということです。フロアマットは裏面に遮音材がついていますので、乾燥機などで乾かすと乾燥機が壊れてしまう可能性があります。ですので天日干しする必要がありますが、晴れた日を選ぶことが重要です。曇り空の日や湿度が高い日に干すと乾きにくいですし、生地がくさくなってしまうからです。


またフロアマットは分厚いので1日で乾かすことは難しいです。乾くまで2~3日かかりますので、確実に乾くまで丁寧に乾かしてください。


そして確実に乾いたら、再び車にフロアマットを敷きますが、敷く前に車内を掃除しておくことをおススメします。フロントシートの下にゴミがたくさんたまっていますので、きれいに掃除器をかけておきましょう。またシートなどもきれいに掃除機をかけて徹底的に掃除しておきましょう。そしてフロアマットを乾かしてる間、除湿剤を車内に置いて湿気を除去しておくことをおススメします。1~2日でもかなりの水が溜まると思います。


自動車のフロアマットの洗い方

そしてフロアマットが確実に乾いたら再び車に敷いてください。この時今までよりも大分車内がすっきりした感じになると思いますが、このくらい車内は湿気が溜まっているということになります。ちょっと面倒な作業ですが年に1度くらいはこうした作業をすることで、快適になりますので是非一度やってみてください。


また中古車を購入したときには、思い切って新しいフロアマットを注文してください。中古車屋はフロアマットをこのように選択するということはまずありませんので、ぜひとも新品に交換してみてください。純正のフロアマットはディーラーで取り寄せてくれますし、価格は高級車でも5万円くらいで購入できますし、コンパクトカーなら3万円以内で購入できます。カー用品店などでフロアマットを販売していますが、こうした社外品はあまりおススメできません。床の形は車によって違いますので、ぴったりフィットする純正のフロアマットがおススメです。