車のフロアマットの選び方とは

車のフロアマットの選び方とは
車のフロアマットの選び方とは

車にはこだわれるポイントがたくさんあります。


外装、たとえばホイールなどパーツにこだわる人もいれば、高価なコーティングで車体全体を守ろうとする人もいます。


そして、内装にもたくさんのこだわれる点があるわけですが、その中で意外と安易に選んでしまいがちなのがフロアマットです。


自分の車でも他人の車でも、じっくり足下を見るということはなかなか無いものですから、どうしても目に付く所を気にしたり、お金をかけてしまっているのではないでしょうか?


しかし、車をただの乗り物・道具と考えるのではなく、愛情とこだわりを注いでいるなら、やはりフロアマットにも気を遣うべきでしょう。


では、実際にフロアマットを購入する場合、どのようなことを考えれば良いのでしょうか?


車のフロアマットの選び方とは

内装である以上、何よりもデザインを優先すべき……と言いたいところですが、実はそれよりも優先すべきことがあります。


それは安全性です。


家の中のカーペットなどを選ぶ場合と、フロアマットを選ぶ場合とでは、その意味が大きく異なります。


たとえば、デザインを重視するあまり、サイズが合わないフロアマットを選んでしまった場合、走行中にそれがずれてアクセルやブレーキのペダルに干渉する可能性があります。


たいして速度が出ていない時ならまだしも、高速走行中にこうしたトラブルが発生すれば、大変な事故につながりかねません。


ですから、漠然と探すのではなく、まず「その車に合ったサイズのフロアマット」を探し、その中からデザインや色で絞り込む、という手順をおすすめします。この時、可能ならしっかりと床に固定する機構があるフロアマットを選ぶと、より安心です。


また、素材としてゴムを使った物もありますが、ズレやすい・滑りやすいという声もあり、安全性を重視するなら避けた方が良いでしょう。


汚れたら手入れが必要、という点では、ゴム製もそれ以外も変わりはありません。


車のフロアマットの選び方とは

次はいよいよデザインの選定に入ります。


たとえば、カタログなどでフロアマットの一覧を見ていると、その中だけで比較するような形で決めてしまうことが多いのではないでしょうか。


もちろん、それはそれで悪くない選び方ですが、実際に購入して敷いてみると、首を傾げてしまうかもしれません。


車という小さな空間には、それぞれのイメージがあります。それは「かっこよさ」や「かわいさ」「鋭さ」「暖かさ」などさまざまですが、もし大人びた雰囲気を作り上げている所にカラフルでポップな物を敷けば、非常にチグハグな印象を受けることになります。


で すから、もし他の部分に手を加えていないなら「メーカーの考えたイメージはどんなものか?」を、すでに手を加えているなら「自分はどんなイメージでまとめ たいのか?」ということを考え、それを補い、あるいは強化するような色や柄の物を、少なくとも激しく壊さずにすむような物を選ぶと良いでしょう。


ただ、デザインのセンスは人それぞれですし、あえて一部分を崩すというやり方もあります。


そのため、あくまでもこれは一般的な例になりますが、落ち着いたイメージなら、黒やそれに近い灰色などの無地の物を選ぶのが無難な選択となります。


逆に、明るさやかわいさを全面に出したいなら、無地よりも柄物の方が良いでしょう。


定番はチェックや繰り返しパターンですが、赤や黄色など派手な色にすればそのイメージがさらに強まりますし、そこまで求めないなら、もうすこし穏やかな色にすると良いでしょう。


ヒョウ柄などの非常に派手な柄は、他と合わせるのがなかなか難しいですが、その分うまくマッチさせることができればオリジナリティあふれる内装となります。


「普通と同じではつまらない」と感じるなら、挑戦する価値はあるでしょう。


車の中はあなたの個性を発揮できる自由な空間です。


安全面の配慮を忘れず、じっくりと時間をかけてより良いフロアマットを探してみてください