車のフロアマットを汚さない方法について

車のフロアマットを汚さない方法について
車のフロアマットを汚さない方法について

自動車のフロアマットは想像以上に汚れます。毎日車に乗る人は、外の砂やホコリ、雨の日には特に泥汚れと水がいっしょになって汚れます。カビやダニなどが少なからず発生しやすくなっている環境になっている場合もあり、できるだけ車のフロアマットを汚さないで乗りたいという人は多いのではないでしょうか。


そこで、車のフロアマットを汚さない方法について紹介したいと思います。


・車のフロアマットを汚さない方法


車のフロアマットはとても汚れやすいのですが、毛足も長く、簡単に掃除とはいかないということもあります。そのため、フロアマットの掃除はついつい後回しになってしまって、しばらくしていないという方が多いかもしれません。そうすると汚れが汚れを呼んで、掃除しても汚れが取れない、ということになっていってしまいますので、普段から雨の日などは泥汚れをきれいにしてから車に乗っている、という人でもフロアマットをきれいにするための対策を行うようにしましょう。


フロアマットを汚さないようにするための対策は、普段から汚さないように気を付けておくだけでなく、掃除をする、つまりフロアマットを洗うということがおすすめです。


車のフロアマットを汚さない方法について

・車のフロアマットを洗いましょう


自動車のフロアマットを汚さないようにするためには、こまめに洗うという方法がおすすめです。そのため、次のようにしながら丁寧に対策をしていきましょう。フロアマットを洗うということになると、水で洗って乾かす必要があります。そのため、できるだけ天気の良い日に掃除をするようにしましょう。


・フロアマットの洗浄方法


まず、フロアマットに大きなゴミや石がついていたら取り除いておきましょう。そして、フロアマットを取り外して、布団たたきのようにパンパンと叩いて細かな石や砂、ホコリなどをできるだけ落としておきましょう。例えば、掃除をする日の前の日に雨などが降っており、フロアマットが湿っている場合は、まず乾かしてから掃除をすることがおすすめです。


次に、掃除機を使用して、残っている、落とし切れなかった汚れを吸い取っておきましょう。フロアマットを外した車内はこの時に掃除機で掃除しておくと、再設置する時にスムーズです。その後、水で濡らして、洗剤を用いてブラシでこすりましょう。潜在であれば、車専用のものでなくても特に問題はないといわれています。よく洗い流して外で乾かしましょう。この時に、平らな場所に設置するよりも、傾けた状態や吊るした状態にした方が水切りがよくでき、乾きが早くなります。乾くまで干しておき、完全に乾いたら車内に再設置します。この時、よく乾燥させましょう。乾く前に設置してしまうと、カビが発生しやすくなったり、臭いなどが発生する原因になります。


車のフロアマットを汚さない方法について

ここまで、車のフロアマットを手洗いする方法について紹介しました。もう少し早く洗いたいという人は、自動車フロアマット専用の洗浄機などもあります。車フロアマット専用の洗浄機はガソリンスタンドや車のディーラーなどに設置されているので、それらを利用してフロアマットを掃除する方法もあります。


・まとめ


自動車のフロアマットは想像以上に汚れます。しかし、毛足も長く、簡単に掃除とはいかないということもあります。そのため、しばらくきれいにしていないという人が多いかもしれません。そうすると、掃除しても汚れが取れないということになるかもしれませんので、フロアマットをきれいにするための対策を行うようにしましょう。


手で洗う場合は、大きな汚れを取った後、掃除機できれいにしてから洗剤を用いてブラシでこすって汚れを落としましょう。干す時にはよく水を切り、完全に乾くまでしっかりと乾かしましょう。専用の洗浄機などを利用すると便利です。