車のマットの耐用年数について

車のマットの耐用年数について
車のマットの耐用年数について

車にこだわりを見せる人や高価なので傷をつけないように大切に使っているという人は非常に多いといえます。車を汚さない為に頻繁に掃除をしたりする 方も多く、汚さないようにするための製品も多数販売されていますが、その中でも、車内を汚さないようにするための必需品といえるのがマットです。


車を新車で購入した時にはマットはオプションになっていることが多いですが、オプションとしてつけないという人はほとんどいないと思います。使用する事で、靴に着いた汚れが車自体にこびり付いたりすることを防ぐことが出来ます。


で すが、このディーラーなどで購入するマットが意外にオプションとして高価で、高いものなので汚したくないという人も多いといえます。ディーラーなどで購入 したオプションは、布を編み込んだようなものを使用しているので、そのまま使っていると、靴などの泥などが中に入り込んでしまったりして、今度は汚れを落 とすことが難しくなってしまいます。そのまま、使用し続けていると耐用年数も早ければ数年で美しさが無くなってしまう場合があります。


車のマットの耐用年数について

フロアマットの使用年数が気になるのであればおすすめは、ゴムなどで出来た製品を使う事です。ゴムなどで出来た製品であれば、汚れても水で丸洗いす ることが出来てしまいます。たわしなどでゴシゴシと洗えば、汚れはあっという間に摂れてしまいますし、水がついても外で干していればあっという間に乾いて しまいます。また、雨の日などでも靴に着いた水がしみこむ事もないので、劣化を早めるという事もないので安心です。


また、ディーラーの純正品であれば、靴とこすれてマットの見栄えが悪くなるという事もありますが、ゴムの製品であればそのような事もありません。


過去に使用したマイカーで、ゴム製のフロアマットを敷いておいたところ、15年間乗り続けた間に一度も交換する事が無かったので、耐用年数はとても長く、劣化しないといえます。


ま た、純正品のフロアマットの耐用年数を伸ばす方法として、純正品の上に、ゴムの製品を載せる事によってその耐用年数を伸ばすことが出来ます。マットを二重 に使用するということですが、純正品の上にもう一枚敷くことになるので、下の物はずっと傷まず、購入したままの美しい状態を保つ事が出来ます。この方法で も、下に敷いた製品の耐用年数は何十年ももつといえます。


この方法であればもちろん上に使う製品は値段は安価な物で十分です。下にメーカー の高価な商品を敷いているのですから、合わせて高いものを使う必要なは全くありません。むしろ下にある製品の見た目が良く見えるように、ホームセンター等 で売っている透明の物などを使うと、下の素材が見えるので、安価な製品を上に敷いていてもとても高級感が演出されます。


車のマットの耐用年数について

また、上に使う製品は汚れて取り換えてもダメージが少ない安価な製品の方が安心して使用できるとも言えます。


いづれの方法にしても、 耐用年数は、何もしない状態であれば、早い段階で汚れてしまって美しさを損なってしまうといえるので、最初から、全く違う汚れないゴム製のものを使用する か、純正品の上にもう一枚弾いて下の物を汚れないようにすることによって、耐用年数を非常に長く伸ばすことが出来ます。


フロアマットは内部 の見た目を大きく左右するアイテムといえるので、将来の事、メンテナンスの事を考えずに使用する事は危険といえます。しっかりと耐用年数や劣化の事を考え て、車内の美しさを損なわないような措置をとる事によって、車への愛着もずっと続きますし、将来中古車として転売する時にもメリットがでてくるので注意す る必要があるといえます。