車のマット交換時期について

車のマット交換時期について

0″車に乗る人が、普段何気なく使っている車のフロアマットですが交換時期ってご存知でしょうか。
1、車のフロアマットが何故必要なのか考えてみましょう。
まず、車のフロアマットは土足での利用にもかかわらず、余り汚れが目立ちません。

また、最近のマットは車に合ったサイズの物が主流で、しっかり固定できるタイプが増えています。

このため、気にしづらく交換はおろか掃除さえ忘れてしまう方も多いのではないでしょうか?

けれども、土足禁止で利用している方はまだしも思った以上に汚れ痛んでいるケースが多い部分だと言えます。

そもそも、車のフロアマットは何の為にあるかと言えば、靴が泥や汚れを外部から持ち込んでしまったり、車内での飲食での食べこぼしなどからの車内の汚れ防止にあります。

また、毎日車を利用しているとゴム製のフロアマットでも擦り減って来る事がわかります。

これが、もし無かったら車内の床が直接汚れ擦り減る事は明らかでは無いでしょうか?


2、汚れたマットをそのまま放置したらどうなるのでしょう?
先ほども申したとおり、フロアマットは色々な汚れが見えませんが付着しております。

泥程度なら良いと思うかもしれませんが、実際はダニやその死骸、細菌なども多く含まれております。

これらを放置したまま、エアコンで内気循環などしたらエアコンから排出されるのは臭い風だけでは無い事は明らかです。

健康にも良くない気がするのは私だけでしょうか?

また、泥や砂、小石などはフロアマット自体を痛める原因になり、結果的に早く摩耗させてしまう事になります。

このように考えますと、頻繁に洗浄するのは無理でも定期的に大きな(細菌などに較べてという意味です)汚れは落とす癖をつけた方がマットの長持ちにつながりそうです。

3、車のフロアマットの洗い方について考えてみましょう。
車のフロアマットを洗浄する場合、厚手で乾きにくい物で有る事はお分かりかと思います。

もちろんゴム製の物は拭く事によって早く乾かせます。

でも純正のフロアマットだと、オールゴムは珍しいかと思いますので多くの方が使っているのは厚手で乾きにくい物と言えると思います。

このため、フロアマットの洗浄は天気の良い日を選びましょう。

まず、叩くなどして砂や泥など大まかな汚れを落とします。

この時、ダニの死骸や細菌などを吸い込まないようマスク等忘れないでください。

次に、掃除機をかけます。

叩きながら吸うタイプの物だと効果的かと思います。

次に、中性洗剤で洗います。

洗車用のブラシでゴシゴシ洗うので良いと思います。

中には、この後洗濯用液体洗剤や柔軟剤の使用を勧める方もいらっしゃいますが、中性洗剤だけで十分綺麗に洗えます。

ただ、忘れてはいけない事は、何故天気の良い日を選んだのかという事です。

半乾きは出来るだけ避けましょう。

せっかく洗ったのに臭くなってしまいます。

エアコンで乾かすなんて、とんでもない事です。


4、車のフロアマットの交換時期っていつでしょう?
そもそも、車のフロアマットの意義は先にも書いたとおりです。

そのために、こまめに洗浄も行い綺麗に保つ努力もしてきました。

けれども、過酷に扱われるフロアマットです、いつかは役割が果たせなくなる時期が来ます。

具体的には、擦れて防水が効かなくなってきたり車に固定している部分がダメになってきたりです。

私は、実用一辺倒な考えを書いていますが、この他にも見場が悪くなってきたという理由も有りだと思います。

そもそも、防水が効かないのでは車の床自体に汚れが行ってしまいますし、固定部分がダメになってきたのでは、もしもの時ペダルが噛んでしまうかもしれません。

少し早いかなって思うくらいが丁度良いのかもしれないと思います。

もちろん、その際にはご自分の車に合ったタイプの物を選んでください。”