車内マットに付着した汚れの取り方とは

車内マットに付着した汚れの取り方とは
車内マットに付着した汚れの取り方とは

皆さんは車の掃除はされていますでしょうか? されているという方でも洗車や車内のごみは掃除しても車内フロアマットはそのままという人も多いのではないでしょうか? 車内フロアマットは汚れも目立ちにくいですし元々土足で踏む物だからと汚れていても気にしない方が多いかもしれません。ですが一見してただの土汚れに見えてもその裏ではダニや細菌の温床になっていることも珍しくありません。それがエアコンの内気循環によってエアコン内部に取り込まれ臭いの原因となることもあるのです。快適な車生活を送る為にも車内フロアマットの清掃はしっかりと行うべきだと言えるでしょう。


さてそんな車内フロアマットですが一番いいのは水で丸洗いすることです。しかし洗車場などにある自動マット洗い機はあまり性能がいいとは言えませんし、丸洗いしてしまうと乾かすのにかなりの時間が必要になります。もし半渇きのまま車内に戻してしまえばそれこそ細菌やカビを繁殖させる原因になってしまうでしょう。ですので今回は水洗いしないで車内フロアマットを綺麗にする方法を紹介します。


車内マットに付着した汚れの取り方とは

ではまず最初に車内フロアマットを取り外して車外に出しましょう。面倒に思おうかもしれませんがそのまま掃除する方が明らかに大変ですし面倒です。


マットを外したらまずは叩いて泥や菓子クズなどの大きなゴミを落とし、その後に掃除機で細かいゴミを吸い取りましょう。ついでに車内フロアマットを外した車内も掃除しておくとよいでしょう。これらは出来る限り雨の直後などではなくマットが渇いている状態で行うべきです。湿ったマットにこびりついた泥は叩いた程度では落ちませんし非常に面倒です。


ゴミと埃を取り終えたらいよいよ車内フロアマットの洗浄に移ります。用意するのはカーペット専用のクリーナーフォームです。これをたっぷりとスプレーします。それこそ泡がマット全体を覆うくらいにスプレーしてください。ここはケチらずにたっぷりと使用しましょう。


次に泡がまだマットの表面に残っている状態で布などを使ってブラッシングしていきます。しっとりとして寝てしまっている毛先を引き起こすように強く擦っていくのがポイントです。泡が消えてしまうとうまくいきませんから泡が消える前に素早く行っていきましょう。


車内マットに付着した汚れの取り方とは

クリーナーフォームの成分が浸透して泡が見えなくなったら今度はそれを拭き取っていきます。最初に用意するのは湿らせた布です。それでしっかりと表面を拭き取ったら今度は硬く絞った布でもう一度拭き取っていきましょう。クリーナーフォームはそれ自体が汚れを綺麗にするのではなく汚れを浮き上がらせるだけの効果しかありません。浮き上がらせた汚れを拭き取って初めてマットは綺麗になるのです。その事を意識してしっかりと拭き取っていきましょう。万遍なくクリーナーフォームを拭き取ることが出来たら最後の仕上げです。いくら水洗いしてないとはいえクリーナーフォームによってマットは湿ってしまっています。これをしっかりと乾燥させなければ何の意味もありません。車内に戻す前に天日に干してしっかりと乾燥させましょう。ですのでマットの清掃は出来る限り晴天の日に乾かす時間がある間に行う方が良いでしょう。とは言っても丸洗いの場合は一日干さなければなりませんがこの方法で行うなら乾かすのにそれほど時間はかかりません。ですがどうしても時間が足りないという方はドライヤーを使ってしっかりと乾かしてください。再三注意しますが湿った状態では戻すのは厳禁です。


さていかがでしたでしょうか? ある程度の道具が必要になりますが丸洗いが面倒だという方でもこの方法なら簡単に車内フロアマットを綺麗にできるでしょう。ぜひ行って快適なクルマ生活を送ってください!