車種とフロアマットの相性について

車種とフロアマットの相性について
車種とフロアマットの相性について

車のフロアマットは車を購入するときに、ディーラーオプションで装着することが多いと思います。フロアマットの値段は様々で、安いものだと3万円くらいで購入出来たり、ディーラーがサービスで装着してくれたりしますが、高いものになると10万円くらいになります。


特 に高価なフロアマットで有名なのは「レクサス」です。レクサスのフロアマットは10万円くらいでとても高いことで知られています。レクサスのフロアマット が高い理由は、吸音材がついているからです。これでフロアからの音を吸収させて、室内を静かにしているんです。ですのでレクサスのフロアマットはとても重 く、分厚くできていて、高いのも納得できます。実際にこのフロアマットを敷いて走るのと、敷かずに走るのを比べると敷いている方が静かであることが分かり ます。こうした吸音材がついているフロアマットはレクサスくらいしかなく、メルセデス・ベンツやBMWなどの高級車ブランドでも行っていません


車種とフロアマットの相性について

そんなフロアマットですがカー用品店でも販売されています。こうしたものは純正品よりも安く売られていますが、あまり使わない方が良いと思います。車によって床の形は違いますので、床の形に合った、純正品のフロアマットを使うようにした方が良いと思います。


特 に運転席は重要です。マットが動いてしまい、アクセルやブレーキペダルに触れてしまうと、踏んでもうまく踏めずにきちんと車が止まってくれず、事故になっ てしまう可能性もあります。実際にこうした事故はたまに起こっているといわれています。運転席にはマットが動かないようにストッパーの様なものがついてい ますので、掃除するときにはこれできちっと固定するようにしましょう。また最近は床の形に合わせてフロアマットを制作してくれる会社もありますが、フロア マットはきちっと床にフィットしますので安心です。こうした会社が制作しているフロアマットは、赤の派手なマットや柄物を取り揃えていて、純正では扱って いないようなものばかりですので、こだわりがある人はこうしたものを使っているようです。価格は純正よりも割高ですが、結構人気があるといわれています。


車種とフロアマットの相性について

そしてフロアマットは掃除機をかけるだけではなく、定期的に洗濯することが大事です。車には土足で乗りますので、土ぼこりが沢山ついていますし、車 は湿気が溜まりやすいためフロアマットは水分を含みやすくなります。ですのでにおいが気になってくることがあります。特に梅雨の時期は要注意です。湿気臭 くなってくると、車に乗るのが嫌になってきます。


洗い方は簡単で水をたっぷりかけてから、台所用洗剤をかけて洗車ブラシなどでゴシゴシ洗い しっかり水をかけて洗い流してください。そしてよく天日干ししてきちんと乾かしてください。天日干しすることで、雑菌などの殺菌効果もありますので、これ は結構重要です。きれいに洗うと、さっぱりして気持ちよく乗れますし、車の湿気臭さもなくなりますので、1年に1度くらいの間隔でやってみてください。


ま た中古車などを購入したときは、思い切って新品に交換したほうが良いと思います。ほとんどの中古車販売店は新品に交換しませんし、洗濯もせず掃除機をかけ る程度です。新品に交換することで、さっぱりして中古車ですがさっぱりして気持ちよく乗ることが出来ると思います。ディーラーに行って注文すれば1週間く らいで到着します。


そして長年同じ車に乗っていると、アクセルを踏む位置だけマットが剥げ来ることがあります。マットにもよりますが、10万キロくらいで剥げてきますので、こういう場合、新しいものを購入する方が良いと思います。